BLOG

2015.03.18更新

こんにちは☆田川です☆

 

 

春ですねnote2

 

 

僕は寒いのがバリバリ苦手なので、この春から夏になる過程がたまらなく大好きですnote2

 

 

超ワクワクしますnote2

 

 

いや〜、春ですねnote2

 

 

ほんとワクワクしますねnote2

 

 

春になると、服も変わり、髪もカットやパーマ、カラーで春ヘアーにしたくなりますよねscissorsnote2

 

 

そこで今日は春カラーにされる方へ、髪の明度による見え方の違いについて書きましたglitter2

 

 

ブログ写真

 

5〜6トーンの明度。

 

特徴

色が退色しにくい。傷んで見えない。

落ち着いた印象になる。

陰影がつきにくいので、動きがなく平面的に見えやすい。

 

 ブログ写真

 

7〜8トーンの明度

 

特徴

求める色味が綺麗に出やすい。

会社員の方でもOKな明度。 

色が退色した後もあまりパサついて見えない。

 

ブログ写真

 

9〜10トーン

 

特徴

抜け感を表現しやすい。

明るい印象になる。

毛量が多くても重く見えにくい。

やや退色しやすい。

 

ブログ写真

 

11トーン〜12トーン

 

特徴

色味が薄めに入る分、淡く、柔らかい雰囲気を出しやすい。

透明感が出る。

退色しやすい。

 

 

と、写真のように同じお客様でもそれぞれの明度によって印象が随分変わりますglitter2

 

メリット、デメリットもそれぞれにあるので、お客様の普段のライフスタイル、今後のヘアスケジュールを考えて、春カラーにする際の参考にしてみて下さいglitter3

 

では、春スタイルへ衣替えされるお客様flower2

 

ワクワクしながらお待ちしておりますnote2

 

http://www.lilianahair.com/tagawa/

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: LILIANA

PageTop